ホーム 競技情報 第50回 北海道グランドシニアゴルフ選手権

第50回 北海道グランドシニアゴルフ選手権

第50回を迎える北海道グランドシニアゴルフ選手権競技は、札幌エルムカントリークラブ・西コースにて、6月17日(金)に開催。今年もねんりんピック(全国健康福祉祭)の北海道・札幌市予選会と北海道高齢者ゴルフ大会を兼ね開催。

06/17 1R

この日も激しい雨の中でのスタートとなった。

お昼にかけて、どんどん強い雨雲が通過??レーダーとコースの状況を見ながら、プレーの進行を見守るもののグリーンに水が浮き出した。カジュアルでの救済、ローラーの出動等、手をつくしたが雨の勢いが収まらず、9:40に中断の合図。
グリーンの水も引き、11:58にプレー再開。この中断を機に46名が続々と棄権するものの、55名が18ホールが終了。

その中で、 沢田 憲一郎選手(千歳CC)がOUT 37、IN 40の77ストローク、松井 五十二選手(旭川GC)が、OUT 38、IN 39の77ストロークでプレーオフへ。
沢田選手がプレーオフを制し、見事初優勝の杯を手にしました。

沢田選手、松井選手、斉藤 稔選手(北海道GC)、佐藤 常貴雄選手(シャムロックCC)の上位4名が、11月10日(木)・11日(金)にスリーレイクスカントリークラブ(三重県)で開催される日本グランドシニアゴルフ選手権競技の出場権を獲得。

10月17日(月)にパサージュ琴海アイランドゴルフクラブ (長崎県)で開催される全国健康福祉祭ながさき大会『ねんりんピック長崎2016』への参加資格は下記の通りに決定。
北海道代表には、島澤 栄一選手(オホーツクCC)、山内 一志(鹿部CC)、小林 英光(北見CC)
札幌市代表には、山口 次雄選手(札幌スコットヒルGC)、高木 祥自選手(ハッピ-バレ-GC)、石中 透(シャトレーゼ石狩CC)がそれぞれ出場権を獲得。

沢田選手グランドシニア上位者

 

 

ねんりんピック上位3名

中:第1位(北海道知事賞)山口選手
左:2位(北海道社会福祉協議会 会長賞)高木選手
右:3位(北海道ゴルフ連盟 会長賞)石中選手

6.18日刊スポーツ掲載記事

大会前

第50回を迎える北海道グランドシニアゴルフ選手権競技は、札幌エルムカントリークラブ・西コースにて、6月17日(金)に開催。今年もねんりんピック(全国健康福祉祭)の北海道・札幌市予選会と北海道高齢者ゴルフ大会を兼ね開催。

北海道グランドシニアゴルフ選手権の参加資格は、本年度中に70歳を迎える1946年(昭和21年)12月31日以前に誕生した男子アマチュア。

ねんりんピック(全国健康福祉祭)予選会

第29回 ねんりんピック長崎2016(全国健康福祉祭ながさき大会)の参加資格は、60歳以上でJGA/USGAハンディキャップインデックス25.4以下の道内在住者。 競技成績により北海道代表選手3名と札幌市代表選手3名が選考される。(但し70歳以上各1名含む)

開催コース紹介

札幌エルムカントリークラブ

競技開催日 6月17日(金)

指定練習日 5月9日(月)~6月16日(木)  ※土日は午後のみ   ※¥9,968(税込み)キャディー付4B

※平日に限り開催倶楽部の正会員に準ずる取り扱いにより練習する事ができる

※開催倶楽部のご厚意により回数制限なし

※練習ラウンドに際しては予め開催倶楽部と打ち合わせの上、その指示に従って練習すること


ジュニア育成基金協賛社