ホーム 競技情報 第47回 北海道オープンゴルフ選手権

第47回 北海道オープンゴルフ選手権

第47回北海道オープンゴルフ選手権競技は、北海道ブルックスカントリークラブにて、9月4日(水)~6日(金)の3日間にわたり開催。アマ決勝上位40名のトップアマと北海道プロ会より選び抜かれたプロフェッショナル30名、予選を勝ち抜いた30名、さらに歴代優勝者や全国からのプロが参加する歴史ある大会。日本オープンへの出場権得、かつての上原宏一プロに続く逸材を発掘できる大会としたい。 今年度より前日のウェイティングについては、アマチュアの欠場者が出た場合は、アマ決勝の順位で決定し、プロの欠場者が出た場合はQTランキングにて決定する。

09/06 3R

最終ラウンド

この日も好天に恵まれた中で、予選通過を果たした64名がスタート。

ベストスコアは高松瑠偉プロ(船橋CC)がこの日4バーディー1ボギーの3アンダー、69ストロークでトータル3オーバーとし、前日21位対タイより5位タイに浮上。

初日から首位をキープした嘉数プロはこの日も、2バーディ、1ボギーの1アンダーの71ストロークでトータル5アンダーに伸ばし、先週のプロテスト合格後、初の北海道オープンへの出場で見事初優勝を手にした。

優勝:嘉数 光倫プロ(フリー)

アマチュアの部では、成田祐輔選手が1バーディ、4ボギーの75ストローク、トータル10オーバーで見事ローアマチュアに輝いた。

セカンドアマチュアは佐藤太地選手、サードアマチュアには、浜谷尚人選手と持本正博選手の2名となった。

ローアマチュア:成田 祐甫選手左よりローアマ成田選手、セカンドアマ佐藤選手、サードアマ持本選手

最終日スタートの様子はこちら

9月7日付 日刊スポーツ掲載記事

 

09/05 2R

この日のベストスコアは、71ストロークで3名
前川太治プロ(フリー)が3バーディー、2ボギーで前日88位から36位に順位を上げ、田中一輝プロ(オークモント)は3バーディー、2ボギーで前日44位から9位タイに浮上。加瀬秀樹プロ(アイテック)は4バーディ、3ボギーとし、前日の9位タイから3位タイに並んだ。

首位を走る嘉数光倫プロ(フリー)が、この日6バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの72ストローク、トータルで昨日の4アンダーをキープ。
2位には3打差の1アンダーで岩男健一(セオリー)が続いた。


アマチュアの部では、浜谷尚人選手(グレート札幌CC)と昨年ローアマの佐藤太地選手(シェイクスピアCC)が共に6オーバーの150ストロークで並び1打差の151ストロークで成田祐輔選手(フォレスト旭川)が続く混戦。
予選通過は、トータル11オーバー、59位タイまでの64名。アマチュアは、7名が予選を通過した。

写真

スタートの様子はこちら

09/04 1R

北海道オープンゴルフ選手権開幕


北海道オープンゴルフ選手権競技は、欠場選手枠にウェイティング選手を受け入れアマチュア48名、プロフェッショナル92名(他欠場11名)実質 140名の選手を迎え、9月4日(水)~6日(金)の3日間にわたり、北海道ブルックスカントリークラブの7,312ヤード、チャンピオンシップティーを舞台 に開幕。
8月下旬より連日続いた雨が、球の転がりを奪い、一層タフなコースになり、選手を迎えた。
更に昨晩より降りしきる雨、今日一日降り続ける模様。
本年度は開催コースのご協力を賜り、多くの企業のご協賛を頂き、賞金総額600万円の予定のところを、賞金総額800万円に増額された。

主催:北海道ゴルフ連盟・北海道新聞社

後援:北海道・(公財)北海道体育協会・(公財)日本ゴルフ協会・北海道ブルックスカントリークラブ

特別協賛:JX金属苫小牧ケミカル株式会社・京楽産業.株式会社・THE SUN GOLF

 

初日を終え首位に立ったのは、嘉数光倫(かかず てるみち)プロ (フリー)

先週、エミナゴルフクラブで開催されたプロテスト合格し、北海道オープンに臨んだ。1イーグル、4バーディ、2ボギーの68ストローク。2位には2打差の2アンダーで内藤裕之プロ(北海道ゴルフマガジン)が続いた。

アマチュアのトップは2オーバーの74ストロークで、午前の部の雨の中をラウンドした、成田祐輔選手(フォレスト旭川CC)と午後の部の雨は上がったものの強い風が吹き付ける最終組の森木章年選手(ハッピーバレーGC)の2名が総合16位と健闘。

1ラウンドのスタートの様子はこちら

 

 

嘉 数 光 倫 (かかず てるみち)プロ (フリー)

課題のティーショットが安定していた。

アイアンショットも良くピンに近づけることが出来

大会前

第47回 北海道オープンゴルフ選手権

第47回北海道オープンゴルフ選手権競技は、北海道ブルックスカントリークラブにて、9月4日(水)~6日(金)の3日間にわたり開催。アマ決勝上位40名のトップアマと北海道プロ会より選び抜かれたプロフェッショナル30名、予選を勝ち抜いた30名、さらに歴代優勝者や全国からのプロが参加する歴史ある大会。日本オープンへの出場権得、かつての上原宏一プロに続く逸材を発掘できる大会としたい。
今年度より前日のウェイティングについては、アマチュアの欠場者が出た場合は、アマ決勝の順位で決定し、プロの欠場者が出た場合はQTランキングにて決定する。

 

開催コース紹介

北海道ブルックスカントリークラブ

競技開催日 2013年9月4日(水)~6日(金)
指定練習日 8月13日(火)~9月3日(火) ※ 8月29日~9月1日を除く。
※ 指定練習日のうち1回に限り、開催倶楽部の正会員に準ずる取り扱いにより練習することができる。2回目以降は、会員紹介料金。
※ 練習ラウンドに際しては、予め開催倶楽部と打ち合わせの上、その指示に従って練習すること。
コースレイアウト紹介 北海道ブルックスカントリークラブ


ジュニア育成基金協賛社