ホーム 競技情報 第7回 北海道ミッドアマチュアゴルフ選手権決勝競技

第7回 北海道ミッドアマチュアゴルフ選手権決勝競技

09/18 3R

【3日目】(最終日)
第10組スタートとなった佐藤選手は、5バーディー3ボギー70s、トータル220sとして後2組のホールアウトを待つ。続く第11組では、福井選 手が5バーディー3ボギー1ダブルボギーの72sでトータル218sとし、見事初優勝、ミッドアマチュアのカップにも名前を刻んだ。


高橋競技委員長とミッドアマ初優勝の福井選手

第3R スタート及び表彰式の様子(写真)は→こちら

本競技の上位7名が2012年11月14日~16日に鳴尾ゴルフ倶楽部(兵庫県)で開催される2012年度(第17回)日本ミッドアマチュアゴルフ選手権競技の参加資格を獲得した。

2012年度(第17回)日本ミッドアマチュアゴルフ選手権競技の成績は→こちら

09/17 2R

【2日目】
この日首位に立ったのは、宇井正選手(エバーグリーンGC)、4バーディー3ボギーの71sでトータル2アンダー の142s。2打差の2位には、奥 博選手(阿寒CC)が1バーディー3ボギーの74s、トータル144sで続き、さらに2打差の146sに藤田功美雄選手(大沼レイクGC)と福井選手 (アォレスト旭川CC)が続き、60位タイ160sまでの69名が決勝進出。


2日目 首位の宇井選手

第2R スタートの様子(写真)は→こちら

09/16 1R

【1日目】
2012年度(第7回)北海道ミッドアマチュアゴルフ選手権競技は、真駒内カントリークラブ(空沼)にて、予選通過者とシード選手の計146名を迎え開催。
初日首位に立ったのは、奥博選手(阿寒CC)3バーディー1ボギーの2アンダー70s。1打差71sの2位には、福井慎治選手 (フォレスト旭川CC)と宇井正選手(エバーグリーンGC)が続いた。ディフェンディングチャンピオンの佐藤真喜選手(札幌国際CC)は、3バーディー3 ボギー1ダブルボギーの74s、首位と6打差のスタートとなった。


初日首位の奥選手

第1R 上位者の写真は→こちら

大会前


ジュニア育成基金協賛社