予選最終日のこの日ディフェンディングチャンピオンの藤田光里選手は1アンダーの71ストローク(2バーディ、1ボギー)とし、トータル146ストロークで首位に立つ。

2位には森末 佳代子選手が4バーディ5ボギーの73ストロークでトータル150ストローク。
3位は高林里果選手が75ストロークでトータル152ストロークで続き、初日首位の平野童子選手は3バーディ、6ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーの80ストロークでトータル154ストロークで4位に後退。
中学3年生の山戸未夢選手は1バーディ4ボギーの75ストロークで、トータル154ストロークで4位タイに並ぶ。
トータル175ストロークの58位タイの61名が決勝に進出。


藤田光里2 

第2日目首位の藤田光里選手(エミナ)
 「ショットが良く、ピンに向かって行ったが、バーディチャンスを生かすことが出来なかった。」と・・・

 1  2  3  4  5  6   7   8   9  10  11  12 13  14  15  16  17  18 
Par 4 3  4  4  5  4  3  5  4  5  4  3  4  4  3  4  4  5
 2R  ・  ・  ・  △  ・   〇  ・  ・  ・   ・  ・   ・   ・   ・   ・   〇  ・   ・


 森末2


第2日目2位の森末佳代子選手(エバーグリーン)

 1  2  3  4  5  6   7   8   9  10  11  12 13  14  15  16  17  18 
Par 4  3  4  4  5  4  3  5  4  5  4  3  4  4  3  4  4  5
2R  ・  △  ・  △  ・  〇   ・   △   ・  △   ・   ・  △  〇   ・  ・


 高林2


第2日目3位の高林里果選手(シャトレーゼ石狩)

 1  2  3  4  5  6   7   8   9  10  11  12 13  14  15  16  17  18 
Par 4 3  4  4  5  4  3  5  4  5  4  3  4  4  3  4  4  5
2R  ・  ・   ・  ・  〇  ・  ・  ・   ・  ・   △   ・  〇  △  ・   〇




ジュニア育成基金協賛社