ホーム 競技情報

競技情報

2016年競技日程

2016年 05月

この日は、道央2地区:滝のカントリークラブ、道南日胆地区:早来カントリー倶楽部、道北地区:大雪山カントリークラブ、 道東地区:帯広カントリークラブの4会場での開催。決勝進出の権利を得るのは84名、先週の3会場と合わせ150名の予選通過者が決まる。 皆様の健闘を祈ります。 この日は、道央2地区:滝のカントリークラブ、道南日胆地区:早来カントリー倶楽部、道北地区:大雪山カントリークラブ、道東地区:帯広カントリークラブの4会場での開催。決勝進出の権利を得るのは85 名、先週の3会場と合わせ150名の予選通過者が決まる。皆様の健闘を祈ります。

最終ホール、小祝選手がパーをセーブし2年振り2度目の優勝を手にした。 日本アマチュア出場資格を獲得したのは、小祝選手、吉本選手、内田選手、政田選手、島田選手の上位5名。 国体代表として、小祝選手、吉本選手、政田選手の3名に決定した。

2016年 06月

最終日のこの日も雨と風が選手の前にはだかる壁となった。 北海道アマチュア選手権に引き続き全国大学対抗戦が開催されることもあり、東北福士大学の代表選手が応援に来てくれました。 プレーオフを制し、片岡 尚之選手が2年振り、2度目の優勝を手にした。

その中で79ストロークでホールアウトした佐々木 美津子選手(札幌GC)と高瀬 君代選手(札幌北広島GC)がプレーオフ。 No.1ホールで佐々木選手が見事プレーオフを制し初優勝に輝いた。

この日も激しい雨の中でのスタートとなった。 お昼にかけて、どんどん強い雨雲が通過??レーダーとコースの状況を見ながら、プレーの進行を見守るもののグリーンに水が浮き出した。カジュアルでの救済、ローラーの出動等、手をつくしたが雨の勢いが収まらず、9:40に中断の合図。 グリーンの水も引き、11:58にプレー再開。この中断を機に46名が続々と棄権するものの、55名が18ホールが終了。

【会場】グランディ那須白河ゴルフクラブ(福島県)

6.23日刊スポーツ掲載記事

第48回北海道シニアゴルフ選手権予選競技は、クラークカントリークラブにて、6月29日(水)に道南地区・道北地区・道東地区、30日(木)に道央地区の予選を開催。

2016年 07月

【会場】北海道ブルックスカントリークラブ(北海道)

プレーオフ 2ホール目で小山選手が悲願の初優勝を手にした。 マッチングスコア形式で決定したトータル151ストロークまでの上位5名が11月1日(火)・2日(水)に愛岐カントリークラブ 中・東コース (岐阜県)で行なわれる日本ミッドシニアゴルフ選手権出場権獲得された。

No.10ホールで藤田選手が、バーディーを決めるとNo.14ホールで岡本選手がバーディーを決め再び並ぶ。No.16、17ホールで連続バーディーを決めた、藤田選手がシニア大会、3度目の挑戦で初優勝を手にした。

1打差をキープしたまま、No.18ホールへ。合掌選手がバーディーを決めプレーオフへ。 プレーオフは双方譲らず...熱戦が繰り広げられ気が付けば9ホール目!! ともに体力、気力を振り絞っての戦い。先に合掌選手がプレー。勝負をかけたのか、強めにカップを狙い、見事カップイン!後攻めとなった鳥海選手は悔しくもカップインならず、合掌選手が初優勝を手にした。

2016年 08月

第5回を迎える北海道女子倶楽部対抗競技は、8月5日(金) エミナゴルフクラブ(南・東の両コース)で開催される。 Aグループ・26クラブ 155名、Bグループ・25クラブ 147名の総勢302名が参加。 開催倶楽部がエミナGCに戻り、第1回から3連覇を成した、滝のカントリークラブの返り咲きとなるか、また昨年4連覇を阻止したハッピーバレーゴルフクラブ札幌となるか?

開催コース紹介 北海道ブルックスカントリークラブ 競技開催日 8月9日(火) 指定練習日 7月25日(月)~8月8日(月)  ※土日は13時以降のみ   ※1回限り ※練習ラウンドに際しては予め開催倶楽部と打ち合わせの上、その指示に従って練習すること

【会場】(男子)霞ヶ関カンツリー倶楽部       (女子)東京ゴルフ倶楽部  (埼玉県)

【会場】鳴尾ゴルフ倶楽部(兵庫県)

【会場】鳴尾ゴルフ倶楽部(兵庫県)

2016年度第66回 北海道倶楽部対抗競技は、例年同様、Aグループ:札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース・札幌国際カントリークラブ島松コース、Bグループ:札幌エルムカントリークラブ・クラークカントリークラブ、Cグループ:札幌南ゴルフクラブ・ツキサップゴルフクラブの6会場において、8月24日(水)に開幕。 8月に3つの台風が本道に上陸するという、異常気象。 台風が過ぎ去ったものの、1週間に及ぶ悪天候、コース整備が思うように進めることができない中も、努力を重ねてくれた開催倶楽部に感謝申し上げます。

北海道ミッドアマゴルフ選手権予選競技の道央1地区・道南地区・道東地区・道北地区の4地区で開催され、94名が決勝進出を決めた。

最終日、最終組 6アンダーで首位の大谷プロ、3打差の3アンダーで斉藤 智洋(フリー)と櫻井 大樹プロ(静ヒルズCC)が続き更に1打差の2アンダー4位タイで北海道の照屋 貴之プロ(恵庭CC)が続いた。

2016年 09月

【会場】(男子)秋田椿台カントリークラブ      (女子)南秋田カントリークラブ (秋田県)

【会場】習志野カントリークラブ(千葉県)

第11回北海道ミッドアマチュアゴルフ選手権決勝競技は、札幌ベイゴルフ倶楽部にて9月18日(日)~20日(火)の3日間にわたり開催。予選を通過した128名とシード者20名による戦い。 気温17度、すっかり秋を感じさせる、肌寒いが無風の中でのスタート。 9月に入り、30mmを超える雨が降りエンベデットのローカルルールが追加された中での競技となった。

【会場】茨木カンツリー倶楽部(大阪府)

第11回北海道女子ミッドアマチュアゴルフ選手権競技は、羊ヶ丘カントリークラブにて9月25日(日)~26日(月)の2日間にわたり開催。総勢111人が参加。

【会場】烏山城カントリークラブ(栃木県)

2016年 10月

第16回 北海道アマチュアゴルフ選手権ハンディキャップ競技は、真駒内カントリークラブで開催。 男子は、空沼コースを使用。女子は、藻岩コースに於いて開催。総勢166名が参加。 本年度からA・Bのクラス分けが無くなり、参加者は男子131名、女子41名、昨年より15名増加となりました。

【会場】(成年男子)岩手沼宮内カントリークラブ    (女子)安比高原ゴルフクラブ        (少年男子)南部冨士カントリークラブ(岩手県)

【会場】狭山ゴルフ・クラブ(埼玉県)

【会場】春日井カントリークラブ(愛知県)

【会場】志摩シーサイドカンツリークラブ(福岡県)

2016年 11月

【会場】愛岐カントリークラブ(岐阜県)

【会場】スリーレイクスカントリークラブ(三重県)

【会場】宇部72カントリークラブ(山口県)

【会場】サンセットヒルズカントリークラブ(愛媛県)