ホーム 競技情報

競技情報

2017年競技日程

2017年 05月

道東予選:釧路カントリークラブでは、74ストロークで3年連続メダリストとなった鳥海 颯汰選手(帯広国際)を含む18名の選手が決勝競技進出の権利を獲得されました。 前日までの雨も去りお天気にも恵まれ倶楽部、競技委員の皆様のご協力により無事競技を終了することが出来ました。

混戦の中、最終ホールでバーディを決めた、久居稔選手(旭川国際CC)が初優勝の栄に輝く。

政田夢乃選手は3バーディ、1ボギーの71ストロークでトータル216ストロークスで、見事北海道女子アマチュアゴルフ選手権のチャンピオンとなった。

2017年 06月

植竹選手が見事初優勝!

【会場】奈良国際ゴルフ倶楽部(奈良県)

昨年の覇者 坂本 将規選手(札幌大学2年生)が第1ラウンド74s 第2ラウンド74s トータル144sと2位に10打の差をつけ見事2連覇となった。

大混戦の中、1ラウンド81s・2ラウンド78s・トータル159sで平野選手が2年振り3度目の優勝に輝く。

シニア予選Bブロック午前の部は、昨日に引き続き晴天の中スタート。スコアもAブロックと同じく81ストロークのマッチングで38名の決勝ラウンド通過が決定。 午後の部もスムーズにラウンドしております。

2017年 07月

【会場】広島カンツリー倶楽部(広島県)

2位に6打差を付けトータル151ストロークで下川 雅尋選手(チサンCC)が初優勝

奥 博選手(阿寒CC)が1ラウンド72s、2ラウンド71sのトータル143sで2年振り2度目の優勝を果たす

15歳~17歳【男子の部】国枝 太一(IMG ACADEMY)が前日の2位から逆転し惜しくも2位となった小村 優太と1打差で優勝に輝いた。

2017年 08月

2017年、北海道オープンを制したのは岡島 功史プロ。 1R:69s、2R:69s、3R:72sのトータル210s(6アンダー) 人生初の優勝を手にした。

【会場】霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)

【会場】四日市カンツリー倶楽部(三重県)

今年も札幌ゴルフ倶楽部の優勝。 2位の札幌国際カントリークラブに22打差をつけ圧勝。 今大会初の10連覇を果たした。

【会場】四日市カンツリー倶楽部(三重県)

晴れ渡る好天の中、道南地区・道央1地区・道東地区の3会場で開幕。 来る北海道ミッドアマチュアゴルフ選手権決勝競技への出場権をかけての戦いが始まった。 決勝競技は2017年9月17日(日)から19日(火)までの3日間にわたりエミナゴルフクラブ(南コース)で開催される。

2017年 09月

第6回 女子倶楽部対抗 優勝は北広島ゴルフ倶楽部。昨年、初出場でBグループ1位、今年Aグループ優勝!2位に18打差をつけ圧勝した。

【会場】(男子)廣野ゴルフ倶楽部      (女子)東広野ゴルフ倶楽部     (兵庫県)

【会場】ザ・クラシックゴルフ倶楽部(福岡県)

悪天候にも負けず1R・2R共にイーブンとし佐藤 真喜選手が安定したプレーで今大会初の3連覇、4度目の優勝を手にした。

寺島 久美子選手(十勝CC)が、初日 74s、2R 79s、トータル153ストロークで見事初優勝に輝いた。

【会場】我孫子ゴルフ倶楽部(千葉県)

2017年 10月

男子:東海林 圭選手(函館シーサイドCC)、女子:井出 純子選手(札幌エルムCC)がそれぞれ1位となった。

【会場】(成年男子)愛媛ゴルフ倶楽部    (少年男子)サンセットヒルズカントリークラブ             (女子)エリエールゴルフクラブ松山  (愛媛県)

【会場】岐阜関カントリー倶楽部(岐阜県)

【会場】日光カンツリー倶楽部(栃木県)

【会場】加古川ゴルフ倶楽部(兵庫県)

2017年 11月

【会場】平川カントリークラブ(千葉県)

【会場】鷹之台カンツリー倶楽部(千葉県)

【会場】阿蘇大津ゴルフクラブ(熊本県)

【会場】名古屋ゴルフ倶楽部(愛知県)