本年度第3回を迎えた北海道シニアオープンゴルフ選手権競技は、北海道プロゴルフ協会、連盟役員が中心となり、特別協賛を募り、東洋製薬㈱様・㈱南華園様・ノムラ産業㈱様並びに役員の皆様のご協力を賜り、本大会開催に至りましたことをここにご報告申上げますと共に、心より厚くお礼申上げます。
優勝賞金100万円、賞金総額400万円にて、札幌国際カントリークラブ(島松コース)を舞台として開催されました。
去る7月1日(木)にはクラークカントリークラブにおいてアマチュア予選会が開催され、225名より80名が決勝への進出を決め、内71名が出場。
前日までの豪雨もおさまり、雨が降る中でのスタート!
その中で、首位にたったのは、福沢孝秋プロ(諏訪湖CC)、上原宏一プロ(グリーンヒルCC)、中村彰男プロ(フリー)、松本紀彦プロ(島ヶ原CC)の4名が共に2アンダー70ストロークで並び、熱戦の火蓋が落とされた。アマチュアでは、2オーバー12位タイに斉藤久雄選手(シャムロックCC)、3オーバーには西川和夫選手(札幌後楽園CC)、清信 勝選手(真駒内CC)が並ぶ混戦。 

福沢プロ(1日目)

1位タイ 福沢プロ

 
上原プロ(1日目)

1位タイ 上原プロ

中村プロ(1日目)

1位タイ 中村プロ

松本プロ(1日目)

1位タイ 松本プロ




ジュニア育成基金協賛社