ホーム 連盟便り 謹賀新年

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
輝かしい新年をお迎えのことと存じます。

昨年は「日本スポーツマスターズゴルフ競技 男子の部」で二連覇、「愛顔つなぐえひめ国体 ゴルフ競技成年男子の部」におきましては北海道初の優勝、日本ゴルフ協会主催競技では5名の選手がシード権を獲得するなど、北海道選手の飛躍の年となりました。
本年は当連盟主催競技を5月の北海道アマチュアゴルフ選手権予選競技を皮切りに、10月の北海道アマチュアゴルフ選手権ハンディキャップ競技まで、昨年同様全14競技を開催いたします。是非多数の皆様が競技へ参加されることをお待ちするとともに、日頃の研鑽が実を結び、ご活躍されることを願っております。
また本年は日本シニアオープン、日本スポーツマスターズが北海道で開催され、北海道のゴルフ業界にとって明るい話題がございます。これを機に北海道のゴルフが注目され、益々発展されることを期待いたしたく存じます。

ジュニア育成強化におきましては、JGAと連携し同じ目標に向かって進むことができるようJGAの方針・指導方法に準じ強化メニューを実践し、世界で戦える選手を育成して参りたいと考えるところであります。
ゴルフ普及活動におきましては、ゴルフ活性化協議会を発足させ、新規ゴルファーの発掘・育成、さらには地域の活性化を推進し、生涯スポーツとしてのゴルフを定着させていきたい所存でございます。

北海道ゴルフ連盟ではこれからも加盟倶楽部の皆様に、また当連盟のホームページをご覧頂いている全ての皆様に情報発信に努めて参りますので、引き続きご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。