謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
輝かしい新年をお迎えのことと存じます。
本年が皆様にとって、良き年でありますことを心よりお祈り申し上げます。

さて、今年の連盟主催競技は、5月21日の北海道アマチュアゴルフ選手権予選競技を皮切りにスタートし、10月の北海道アマチュアゴルフ選手権ハンディキャップ競技まで、昨年同様全14競技を開催いたします。

2017年、是非多数の皆様が競技へ参加されることを切に願いお待ちするとともに、皆様の日頃の研鑽が実を結び、ご活躍されることを願っております。
競技の申し込みもWeb化し、皆様のご協力のもとスムーズな運営ができましたこと、心より感謝申し上げます。
エントリー状況は随時ホームページに反映されますので、ご自身でご確認ください。
来年度は、1ラウンド競技であった、グランドシニアゴルフ選手権競技・女子シニアゴルフ選手権競技の2競技を、2ラウンド・36ホール競技といたします。また、日本オープンへの出場の道となる、北海道オープンをJGAのドリームステージの日程に合わせ8月開催といたしました、優勝者は日本オープンへの出場、2位から5位までの4名は最終選考会への出場できることとなります。皆様の挑戦をお待ちしております。
ジュニア育成・強化については、「普及」と「育成・強化」の両部門において積極的に活動を推進し、本年度も1月5日から強化選手の個々の能力アップのためのトレーニング方法の設定、6日からはスイング分析を行い、個々の選手の更なるスキルアップのを目指す。26日からはJGA主催の8地区合同合宿の開催となります。男子3名、女子3名が出席。

本年度のジュニアスクールでは、ナショナルチームの合宿を参考に、練習ドリルを実施していく予定です。

2020年東京オリンピック開催が決定し、強化活動も活性化してまいります、今後とも皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。

最後になりましたが、北海道ゴルフ連盟ではこれからも、加盟倶楽部の皆様に、また当連盟のホームページをご覧いただいている全ての皆様に、より便利にご覧いただきお使いいただけるよう、ホームページの情報掲載、また成績表・分析表等が楽しんでいただけるよう情報発信に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年が皆様にとって素晴らしい年となりますことを心からお祈り申し上げます。


ジュニア育成基金協賛社