ホーム 連盟便り 設立3年目を迎えた、サハリンゴルフ連盟が表敬訪問

設立3年目を迎えた、サハリンゴルフ連盟が表敬訪問

設立3年目を迎えた、サハリンゴルフ連盟が表敬訪問

Anikeenko Nikolai (アニケンコ・ニコライ)サハリンゴルフ連盟会長と
Karagulakov Vladimir(カラグラコウ・ウラジミル)サハリンゴルフ連盟会員、
VAワシレフスカヤサハリン州政府補佐官、ルスツリゾート安藤営業本部長、ルスツリゾートゴルフ72 大塚支配人が北海道ゴルフ連盟の事務所を表敬訪問。

設立3年目を迎えたサハリンゴルフ連盟は、9ホールのゴルフ場とドライビングレンジを作り、スナッグゴルフの取り組み、指導者の育成、グリーンキーパーの育成等、ゴルフの普及活動の1歩を踏み出した。

ニコライ会長からは、今後北海道とのゴルフ交流について、ジュニアの交流や競技大会の開催等、是非積極的に交流を深めていきたいとの要望があった。


ジュニア育成基金協賛社