ホーム 連盟便り 第63回 国民体育大会 北海道選手団出発

第63回 国民体育大会 北海道選手団出発

9月12日から始まる第63回 国民体育大会への参加のため北海道選手団は、8日に千歳を出発。
本年度は、開催日が例年より1ヶ月も早く、また九州大分開催と遠隔地での開催ということで、本番直前に現地合宿を行い本番に臨むこととしました。

9月9日、各チームそれぞれのコースで直前合宿の練習ラウンドを行い、続いて11日には、公式練習のラウンドを行いました。

【成年男子】:大分カントリークラブ(月形コース)

選手

 練習ラウンドを終え本戦に向けて一言    

 浜中

 浜中 幸平 選手(ちとせインターゴルフクラブ)

このコースは、グリーンがとても小さいコースだなと感じました。相変わらずショットの調子がいまいちなので、少しでも調整して、あとはアプローチとパットでしぶとくしのいでいきたいと思います。

 加藤

 加藤 隆三 選手(空知カントリークラブ)

このコースは林間コースの為ティーショットは林に入れると1・2打で出すのが難しい。セカンドショットはグリーンが小さく見え、ほとんどセンター狙いでのるとバーディーチャンスになるがアンジュレーションと芝目でなかなか…?全体的にはラフも短く距離もない感じである。
30度を越える暑さが心配ですが、決して投げずにチームに貢献できるよう頑張りたいと思います。

 奥

 奥   博 選手(阿寒カントリークラブ)

10日練習場ではショットは好調。でもコースはグリーンが小さいので無理して狙わずいけばなんとかなるでしょう。パットはグリーンが重いけど芝目だけ注意していけば問題ないでしょう。なんとか頑張りま~す!

   

【女   子】:臼杵カントリークラブ    

選手

 練習ラウンドを終え本戦に向けて一言

 吉岡

吉岡 奈見 選手(茨戸カントリークラブ)

練習ラウンドではドライバーが良く、フェアーウェイをキープできました。セカンド打ち上げが多く、見た目との距離感が合わなかったです。グリーンが小さくパーオンするのが厳しいコースなのでアプローチをしっかりして、パーセーブしていきたいと思います。
今日(11日)の公式練習は、セカンドの距離、クラブをしっかり確認しながら練習できました。
本戦では、ガッツでがんばります!!
絶対、賞状を持って北海道に帰ります。

 高橋

高橋 雅子 選手(札幌スコットヒルゴルフ倶楽部)

練習ラウンドでは、第2打の上りの距離が合わずグリーンをオーバーすることが多く、上につけると、下りのラインがとても速く苦労したので、本番では上につけないように注意していきたいと思います。
ラウンド終了後の練習で体に力が入りすぎていることに気づき、力みがとれるよう練習をして調整しました。
本番では、コースマネージメントをしっかりして頑張ります。 

 森末

森末 佳代子 選手(トニワンゴルフクラブ北海道/北海学園札幌高校)

練習ラウンドでは、ドライバーは良かったのですが、アイアンが悪くてパーオンする回数が少なかったです。
トリッキーなホールが多く、OBが出たので本番では気をつけなければと思いました。

打ち上げがきついコースなので、セカンドの距離を確実に計算してしっかり打てるようにしたいです。
試合当日は、北海道代表選手として頑張って良いプレーが出来ればと思います。3人で過去最高位以上の成績を北海道に持って帰りたいです。

  

【少年男子】:大分サニーヒルゴルフ倶楽部    

選手

 練習ラウンドを終え本戦に向けて一言

 本間国体

本間 大稀 選手(札幌光星高校)

昨日今日の練習で、悪かったショットの調子が戻りつつあるのですがたまに修正点を意識し過ぎてミスが出るのでそこに気をつけたいと思います。
一番の課題は、パットです。今日(11日)もショートパットが全く入らずパットでリズムを悪くしてしまいました。ミドルからロングパットは上手く打てるのですが、短いパットになるとストロークが乱れてしまうのでルックアップに気を付けてやりたいと思います。明日(12日)の本番は一打一打に集中してビッグスコアを狙います!!

 杉下

杉下 圭史 選手(北海学園札幌高校)

今日は、ドライバーとアイアンなどのショットが良かったけど、アプローチとパットが悪かったです。
グリーンが重いせいかアプローチとパットがショートすることが多かったので、本番では特に距離感に注意して臨みたいと思います。

 寺嶋

寺嶋 優介 選手(北海学園札幌高校)

コース全体の感じをつかみ、気をつけるホールの確認とティーショットの番手をある程度、当日をイメージしながら決めていきました。
コースは、比較的狭いホールが多く、方向性が大事になってくると感じました。バンカーは、今までに体験したことのない砂質で戸惑いましたが、練習で慣れてきました。
昨年よりスコアは出ると思うので、今年は2日間で140ストロークを目指していきたいです。しかし、団体戦なので無理することなく大叩きしないようにしたいです。


ジュニア育成基金協賛社