ホーム 競技情報 第37回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技

第37回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技

第37回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技は 札幌エルムカントリークラブ(東)にて、7月25日(火)に 11歳以下の部、7月26日・27日(水・木)に 12歳~14歳の部と15歳~17歳の部を開催。 国民体育大会・少年男子の部の代表となる選手は?

07/27 12歳~14歳・15歳~17歳の部:2R

12歳~14歳・15歳~17歳の部:2R

15歳~17歳【男子の部】
国枝 太一(IMG ACADEMY)が前日の2位から逆転し惜しくも2位となった小村 優太と1打差で優勝に輝いた。

左から2位:小村 優太・優勝:国枝 太一・3位:小林 鼓

15歳~17歳【女子の部】
吉本 ここね(札幌光星高校)が2Rとも2アンダーのトータル4アンダーの140sで優勝を手にした。

左から2位:政田 夢乃・優勝:吉本 ここね・3位:今野 りお

12歳~14歳【男子の部】
高橋 遼羽(澄川中学校)が1R:76s、2R:72sのパープレー、トータル148sで2位と7打差をつけ優勝。

左から2位:山本 詠太・優勝:高橋 遼羽・3位:苫米地 優希

12歳~14歳【女子の部】
西澤 里世(中島中学校)が1R:76s、2R:73s、トータル149sで優勝。

左から2位:内田 琴子・優勝:西澤 里世・3位:福 晏蘭

国体:少年男子の部

国体 少年男子の北海道代表者は、写真左から小林・高橋・小村に決定


7月27日_日刊スポーツ掲載記事

07/26 12~14歳・15~17歳の部:1R

7月26日、ジュニア選手権(12~14歳・15~17歳の部)が開幕。

15~17歳の男子の部のベストスコアは、小村 優太選手(札幌龍谷学園高校)がOUT37・IN35のイーブン。

15~17歳の女子の部のベストスコアは、吉本 ここね選手(札幌光星高校)がOUT37・IN33の2アンダーの70ストローク。

12~14歳の男子の部のベストスコアは、高橋 遼羽選手(澄川中学校)がOUT38・IN38のトータル76ストローク。

12~14歳の女子の部のベストスコアは、西澤 里世選手(中島中学校)がOUT37・IN39のトータル76ストロークとした。

07/25 11歳以下の部

2017年7月25日、札幌エルムカントリークラブにて北海道ジュニア選手権(11歳以下の部)が開幕。
今年は、男子15名、女子12名の計27名の選手が出場。

男子の部では、OUT32・IN41のトータル73ストロークと2位に4打差をつけ福地 禮夢選手(春光小学校)が優勝。全国小学生大会には、優勝の福地選手を含めた折笠 蒼太選手(紅南小学校)、ゴヴォロヴスキー 大河選手(柏小学校)、木野村 建多選手(下音更小学校)の上位4名が出場権獲得。

女子の部では、田中 心結選手(東五条小学校)がOUT36・IN40のトータル76ストロークで優勝。全国小学生大会には、田中選手、岩渕 唯愛選手(屯田西小学校)、根田 うの(大曲東小学校)の上位3名が出場権獲得。

左から3位タイ:木野村選手・ゴヴォロスキー選手・優勝:福地選手・2位:折笠選手
左から2位:岩渕選手・優勝:田中選手・3位:根田選手

大会前

本日、競技委員会打ち合わせが終了し使用ティーが確定いたしましたのでお知らせ致します。15~17歳・12~14歳(男子)チャンピオンティー、15~17歳・12~14歳(女子)レギュラーティー、11歳以下(男女)特設ティーとなりました。

第37回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技は 札幌エルムカントリークラブ(東)にて、7月25日(火)に 11歳以下の部、7月26日(水)・27日(木)に 12歳~14歳の部と15歳~17歳の部を開催。

開催コース紹介

札幌エルムカントリークラブ(東)

競技開催日 7月25日(火)~27日(木)
指定練習日 6月24日(土)~7月24日(月)
※土日祝は午後のみ。 ※開催倶楽部のご厚意により回数制限なし。
※上記指定練習日の料金・スタート時間はJGAジュニア会員宛に別途案内します。
※練習ラウンドに際しては、予め開催倶楽部と打合わせの上、その指示に従って練習すること。