ホーム 競技情報 第49回 北海道オープンゴルフ選手権競技

第49回 北海道オープンゴルフ選手権競技

第49回北海道オープンゴルフ選手権競技は、北海道ブルックスカントリークラブにて、9月2日(水)~4日(金)の3日間にわたり開催。

09/03 2R

この日の天気は昨日とうってかわり、まぶしい朝日の中、

早朝7時、1R午前の組の1組と、午後スタートの組の24組の選手が再開の合図とともにスタート。

中断が昨日の午後1時25分と午後の最終組はスタートしたばかりだったため、17ホールを残す組も・・・

第2ラウンドのセッティング、10時(当初予定の3時間後)第2ラウンドを開始。午後のスタートも2時間半遅れの14時、18時の日没とともに中断の合図をならす。

第2ラウンドの残りホールについては、4日 早朝6時30分の再開を決め終了。

 

第2ラウンド サスペンデッドのため、9/4(金)6:30より第2ラウンドの残りホールを消化し、第3ラウンド9:30 トップスタートを予定しております。

09/02 1R

第49回 北海道オープンゴルフ選手権競技開幕

北海道オープンゴルフ選手権競技は、欠場選手枠にウェイティング選手を受け入れ、アマチュア34名、プロフェッショナル113名の 147名の選手を迎え、9月2日(水)~4日(金)の3日間にわたり、北海道ブルックスカントリークラブを舞台に開幕。

午後スタートは雨の中でのスタート。

13時25分 雷を伴う雨により中断。再開の期を見るも雨は激しさを増すばかり。

15時15分 中断のままサスペンデッドとなった。

明朝7時再開。

残りホールを消化した選手は、そのまま第2ラウンドへ進むこととなる。

午前組は委員会の決定により、サスペンデッドを終えた順に第2ラウンドスタート(トップ10時予定)

当初 午後スタート11時30分を予定していた組は、2時間半遅れの14時を予定。

大会前

 

第49回北海道オープンゴルフ選手権競技は、北海道ブルックスカントリークラブにて、9月2日(水)~4日(金)の3日間にわたり開催。
アマ決勝上位40名のトップアマと北海道プロ会より選び抜かれたプロフェッショナル30名、予選を勝ち抜いた30名、さらに歴代優勝者や全国からのプロが参加する歴史ある大会。
日本オープンへの出場権得、かつての上原宏一プロに続く逸材を発掘できる大会としたい。
本年度も開催コースのご協力を賜り、多くの企業のご協賛を頂き、賞金総額800万円。
主催:北海道ゴルフ連盟・北海道新聞社
後援:北海道・(公財)北海道体育協会・(公財)日本ゴルフ協会・北海道ブルックスカントリークラブ
特別協賛:京楽産業.株式会社・JX金属苫小牧ケミカル株式会社・THE SUN GOLF

 


ジュニア育成基金協賛社