ホーム 競技情報 第10回 北海道ミッドアマチュアゴルフ選手権決勝競技

第10回 北海道ミッドアマチュアゴルフ選手権決勝競技

09/14 2R

晴れわたる秋空のもとスタート。

気配はないが、雷予報が出ている???・・・

棄権者続出。 予選参加者が増加傾向にある中  なぜ?

午後予想通り、雷発生。14時8分中断のサイレンがコースに響き渡る。

雨あしも弱まり、30分の中断後再開するものの15時10分激しい雨・雷により2度目の中断。

再開の機を伺いながら、今後の競技運営について協議が進む。 サスペンデッドになるであろうが16時再再開。

日没がせまる。選手・委員・コース関係者の協力のもと、第2ラウンドを終了。

162ストロークまでの64名が決勝ラウンドに進出。

 

 

09/13 1R

【1日目】
2015年度(第10回)北海道ミッドアマチュアゴルフ選手権決勝競技は、クラークカントリークラブ(西・東コース)にて、予選通過者とシード選手の計142名(内7名欠場)を迎え開催。
雨の中でスタート。
135名のプレーが終了し、首位に立ったのは、2011年第6回大会優勝者の佐藤真喜選手(千歳CC)と2013年第8回大会の優勝者円谷繁選手(札幌GC)がともに2アンダーの70ストロークで並ぶ。続く71ストロークで森木章年選手(ハッピーバレーGC)が続いた。
ディフェンディングチャンピオンの、宮本太郎選手(札幌GC)は2ストローク差の72ストロークの4位タイのスタートとなった。

大会前

 

第10回北海道ミッドアマチュアゴルフ選手権決勝競技は、クラークカントリークラブ(西・東)にて9月13日(日)~15日(火)の3日間にわたり、4年振り2度目の開催となる。予選を通過した130名とシード者17名+αによる戦い。
昨年、ミッドアマ初出場初優勝を果たした宮本太郎選手の連覇か❓❓ 
2011年優勝、2012年2位の佐藤真喜選手リベンジを狙うのか?
また、新たに参加資格を得た新星が現れるのか??

 

開催コース紹介

クラークカントリークラブ(西・東)

競技開催日  2015年913日(日)~15日(火)

指定練習日  8月31日(月)~9月11日(金)の平日

※ 開催倶楽部のご厚意により回数制限なし。

※ 練習ラウンドに際しては、予め開催倶楽部と打合わせの上、その指示に従って練習すること。


ジュニア育成基金協賛社