ホーム 競技情報 第35回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技

第35回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技

第35回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技は エミナゴルフクラブ(東コース)にて、7月28日(水)に 11歳以下の部、7月29日・30日(木・金)に 12歳~14歳の部と15歳~17歳の部を開催。

07/30 2R 12~14歳の部・15~17歳の部

 【15歳~17歳の部男子】

 この日のベストスコアは国枝太一選手(JGAジュニア会員)が1イーグル、4バーディー、3ボギーの69ストロークでトータル1オーバーの145ストロークで前日8位タイより3位に浮上。長谷川選手は3バーディー、4ボギーの73ストロークでトータル1アンダーの143ストロークで惜しくも2位。片岡選手は2バーディー、ノーボギーの70ストロークでトータル5アンダーの139ストロークで見事2連覇を達成。

写真右より

 優勝:片岡尚之選手、2位:長谷川大晃選手、3位:国枝太一選手

上位3名が日本ジュニア出場権を獲得

 【15歳~17歳の部女子】

 首位を走る伊藤選手はアウトを1アンダーの35ストロークで折り返す、一方追う小祝選手、吉本選手、櫻田選手はパープレーをキープ、№14ホールで小祝選手がバーディーを決め、伊藤選手がボギーを打ち、首位に並ぶ。Par5の最終ホール、伊藤選手がバーディーを決め、見事初優勝に輝いた。

写真右より

優勝:伊藤真利奈選手、2位:小祝さくら選手、3位:吉本ここね選手

上位2名が日本ジュニア出場権を獲得

 【12歳~14歳の部男子】

最終日、小村選手はこの日、4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの72ストローク、トータル5オーバーの149ストロークで見事優勝。4打差の2位には鳥海選手が153ストロークで続き、3位には平口大翔選手(江別江陽中学校1年生)が161ストロークで続いた。

 写真右より

優勝:小村優太選手、2位:鳥海颯汰選手、3位:平口大翔選手

上位2名が日本ジュニア出場権を獲得

【12歳~14歳の部女子】

初日より首位を走る政田選手は安定したゴルフを見せ、この日も3バーディー、4ボギーの1オーバーの73ストローク、トータル1アンダーの143ストロークで見事2連覇を達成。2位には前日5位の内田琴子選手(南幌中学校1年生)が154ストロークで続いた。3位には156ストロークの今野りお選手(札幌山鼻中学校3年生)となった。 

写真右より

優勝:政田夢乃選手、2位内田琴子選手、3位:今野りお選手

上位3名が日本ジュニア出場権を獲得

本選手権上位が、8月19日(水)~21日(金) の3日間にわたり、霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)において開催される、 日本ジュニアゴルフ選手権競技に出場する。

7月31日付 日刊スポーツ掲載記事 

07/29 1R 12~14歳の部・15~17歳の部

【15歳~17歳の部男子】

初日首位に立ったのは、ディフェンディングチャンピオンの片岡尚之選手(札幌光星高校3年生)は4バーディー、1ボギーの69ストローク。1打差で追うのは、長谷川大晃選手(旭川龍谷高校3年生)は4バーディー、2ボギーの70ストローク。さらに2打差の72ストロークで片岡徳幸選手(帯広柏葉高校3年生)が続いた。

【15歳~17歳の部女子】

初日首位に立ったのは、伊藤真利奈選手(札幌光星高校2年生)は4バーディー、3ボギーの71ストローク。1打差で追うのは、小祝さくら選手(飛鳥未来高校2年生)は3バーディー、3ボギーの72ストローク。今年北海道女子アマチャンピオンとなった吉本ここね選手(札幌光星高校1年生)は№11ホールでまさかのトリプルボギーを打ち、トータル3オーバーの75ストロークで3位発進となった。

【12歳~14歳の部男子】

初日首位に立ったのは、鳥海颯汰選手(音更中学3年生)は1バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの75ストローク。2打差で追うのは、小村優太選手(中の島中学3年生)は2バーディー、4ボギー、1トリプルボギーの77ストローク。さらに1打差の78ストロークには、向陵中学1年生の浦理玖史選手が続いた。

【12歳~14歳の部女子】

初日首位に立ったのは、政田夢乃選手(新川西中学3年生)は4バーディー、2ボギーの2アンダー、70ストローク。連覇に向けての好発進。2位タイには5打差で、中学2年生の島田紗選手(大麻中学)と、中学1年生の西澤里世選手(中島中学)と福晏蘭選手(余市東中学)が続いた。

07/28 11歳以下の部 【エミナGC】

第35回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技は7月28日(火)エミナゴルフクラブにおいて開幕。
初日となる、この日は11歳以下(2015年4月1日現在)の部、男子23名女子11名が元気にスタート。

男子

男子の部では、小村隼士選手(平岸小学校6年生)が3バーディー、3ボギーのトータルイーブンーの72ストロークで見事優勝。
1打差の73ストロークには、島田 温太選手(大麻西小学校5年生)が、5バーディー6ボギーのトータル1オーバー、平井大輝選手(中央小学校6年生)が5バーディー4ボギー、1ダブルボギーで2位タイとなった。

女子

女子の部では、島田ゆら選手(大麻小学校5年生)が5バーディー5ボギー1ダブルボギーのトータル2オーバーの74ストロークで見事優勝。
1打差の75ストロークには、早坂はる菜選手(西岡北小学校6年生)が、2バーディー3ボギー1ダブルボギーのトータル3オーバーで2位となった。

本競技の男子上位4名、女子の上位3名が9月22日(火) に森永高滝カントリー倶楽部(千葉県) で開催される、全国小学生ゴルフ大会の出場権を獲得した。

 

優勝 小村隼士選手優勝 島田ゆら選手

優勝:小村選手、2位タイ:島田選手、平井選手 優勝:島田選手、2位早坂選手、3位河上選手

大会前

第35回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技は エミナゴルフクラブ(東コース)にて、7月28日(水)に 11歳以下の部、7月29日・30日(木・金)に 12歳~14歳の部と15歳~17歳の部を開催。

【15歳~17歳の部 男子】

昨年 北海道アマそして本大会のチャンピオンとなり、見事日本ジュニアチャンピオンの座を手にした片岡尚之選手、現在 日本アマチュアポイントランキング上位者のライバル出現となるか。

【15歳~17歳の部 女子】

北海道女子アマそして本大会のチャンピオンとなった 小祝さくら選手の連覇となるか?!

【12歳~14歳の部 男子】

成績いちじるしいこの時期。どんな新星が現れるか??昨年 北海道アマ26位で北海道オープン出場をはたした小村選手と昨年2位の鳥海選手の成長は??

【12歳~14歳の部 女子】

成長いちじるしいこの時期。内田琴子選手、西澤理世選手が仲間入り。優勝は誰の手に??

【11歳以下の部】

小学生部門は、全国大会での上位の成績を残す優秀な部門。片岡尚之選手も小祝さくら選手も手にしたタイトル。未来を担う選手の出現となるか!!

開催コース紹介

エミナゴルフクラブ

使用コース 東

競技開催日 2015年7月28日(火)~30日(木)

指定練習日 6月29日(月)~7月27日(月)

※ 開催倶楽部のご厚意により回数制限なし。

※ 上記指定練習日の料金・スタート時間はJGAジュニア会員宛に別途案内します。

※ 練習ラウンドに際しては、予め開催倶楽部と打合わせの上、その指示に従って練習すること。

コースレイアウト紹介 エミナゴルフクラブ(東)


ジュニア育成基金協賛社