ホーム 競技情報 第22回 北海道女子シニアゴルフ選手権競技

第22回 北海道女子シニアゴルフ選手権競技

第22回北海道女子シニアゴルフ選手権競技兼日本スポーツマスターズ女子予選会は、シャムロックカントリー倶楽部にて、7月9日(水)に開催。 昨年は、加藤淳子選手が優勝を飾り、一昨年プレーオフの雪辱をはたした。 ※過去シャムロックカントリー倶楽部における競技では、超高速グリーンが選手を迎えてくれる。この高速グリーンを制するのは?

07/09 1R 【シャムロックCC】

1R

2014年度(第22回)北海道女子シニアゴルフ選手権競技は、第14回日本スポーツマスターズ(女子の部)予選会を兼ね、2014年7月9日(水)シャムロックカントリー倶楽部にて開催。
新たに有資格者となった 6名を迎え、総勢110名(うち2名欠場)が絶好の天気の中スタート。

ルーキーイヤーの高瀬君代選手(札幌GC)が、72sのイーブンパーで2位に5打差をつけ初優勝を勝ち取った
77sの2位タイに、熊谷美恵選手(羊ヶ丘CC)と小山文恵選手(札幌スコットヒルGC)。
プレッシャーを押し退け踏ん張った高瀬選手は「早く優勝したかったので、ルーキーイヤーで優勝できて本当に嬉しい、欲しかったタイトルの1つなので。」と素直に喜んだ。91年、92年に連覇した女子アマ以来の勲章が、また1つ増えた。
No.4ホールで2.5メートルのフックラインをしっかり沈め、この日初のバーディーを奪い波に乗った。前半をノーボギーで折返し、後半はNo.14ホールのセカンド後に両ふくらはぎをつるアクシデントでNo.15、16ホールを連続ボギーとしたが、残り2ホールはパーセーブ。終わってみれば2位に5打差をつける圧勝だった。
2位タイの熊谷選手は、昨年45位から大幅躍進、目標のスコア70台もクリア。「ドライバーを合わせにいった。曲げないようになど考えすぎた。」と振返り、「来年はこの反省を生かしたい」と語った。
同じく2位タイの小山選手も昨年45位からの躍進。出だしダブルボギースタートで悔やんだが、これで気合が入ったと言う。今回の目標は80を切ることで「上出来です」と喜んだ。

2014年9月17日~9月19日に霞ヶ関カンツリー倶楽部 (埼玉県)で開催される第14回日本スポーツマスターズ2014埼玉大会(女子の部)の北海道代表選手は、高瀬君代選手(札幌GC)、熊谷美恵選手(羊ヶ丘CC)、小山文恵選手(札幌スコットヒルGC)の3名に決定。
2位タイ:小山選手   優勝:高瀬選手   2位タイ:熊谷選手
年代別1位 70代の部:石森選手 50代の部:高瀬選手 60代の部:石黒選手
年齢別の表彰は、70歳以上の部1位 石森良子選手(スコットヒルGC)87s、60~69歳の部1位 石黒節子選手(札幌南GC)79s、50~59歳の部1位 高瀬選手(札幌GC)72s。

大会前

 

第22回北海道女子シニアゴルフ選手権競技兼日本スポーツマスターズ女子予選会は、シャムロックカントリー倶楽部にて、7月9日(水)に開催。
昨年は、加藤淳子選手が優勝を飾り、一昨年プレーオフの雪辱をはたした。
※過去シャムロックカントリー倶楽部における競技では、超高速グリーンが選手を迎えてくれる。この高速グリーンを制するのは?

開催コース紹介

シャムロックカントリー倶楽部
競技開催日 2014年7月9日(水)
6月9日(月)~7月8日(火)の平日
※ 指定練習日は、開催倶楽部の正会員に準ずる取り扱いにより練習することができる。
※ 練習ラウンドに際しては、予め開催倶楽部と打合わせの上、その指示に従って練習すること。
※ 開催倶楽部のご厚意により回数制限なし。


ジュニア育成基金協賛社