ホーム 競技情報 第46回 北海道シニアゴルフ選手権決勝競技

第46回 北海道シニアゴルフ選手権決勝競技

07/18 2R

2R

第2ラウンド、選手を待ちかまえていたのは、札幌ベイGCならではの強い風。時折グリーン上のボールも動かす勢い。
最終組、藤嶋信雄選手(帯広白樺CC)が5打のリードでスタートするものの、前半のハーフで1バーディー4ボギートータル1アンダーまでスコアを落とす。4打差の2位には前半35で前日の7位から順位をあげたた山貫選手がトータル+2。続いて+3で鎌田選手、鈴木選手、奥選手、川端選手。INに入りNo.10ホールで鎌田選手、鈴木選手、川端選手がバーディーを決め、藤嶋選手がボギーを打ち、2打差。終盤に入り藤嶋選手がNo.15からまさかの3連続ダブルボギー、鈴木選手はNo.13から4連続ボギー、川端選手はNo.13から5連続ボギー、鎌田選手はNo.16から4連続ボギー、と皆スコアを落とし、全てホールアウトした結果151sで鎌田選手、山貫選手、鈴木選手、藤嶋選手の4選手が並びプレーオフに突入。プレーオフ3ホール目で決着し、鎌田敏雄選手が初優勝に輝いた。 この日のベストスコアは山貫則夫選手(十勝CC)2バーディー、4ボギー、2ダブルボギーの76s

2014年9月17日~9月19日に霞ヶ関カンツリー倶楽部 (埼玉県)で開催される第14回日本スポーツマスターズ2014埼玉大会(男子の部)の北海道代表選手は、鈴木 肇選手(札幌リージェントGC)、藤嶋信雄選手(帯広白樺CC)、奥 博選手(阿寒CC)の3名に決定したが、後日藤嶋選手辞退により小野 守選手(グレート札幌CC)が代表選手となった。

 

優勝 鎌田敏雄選手(帯広) 151s

07/17 1R【札幌ベイGC】

1R

第46回北海道シニアゴルフ選手権競技 兼第14回 日本スポーツマスターズ(男子)最終予選会は、2014年7月17日(木)・18日(金)の2日間にわたり、札幌ベイゴルフ倶楽部において開催。
去る6月26日・27日に開催された予選を勝ち抜いた150名とシード選手16名、計166名 がエントリー。(内欠場11名)
強い風が印象的な札幌ベイゴルフ倶楽部は、無風で選手を迎えた。

初日首位に立ったのは唯一アンダーをキープした藤嶋 信雄選手(帯広白樺CC)1イーグル2バーディーの68ストローク、自身も「びっくり。ショットが良かった。」と
ラウンドを終えて。2位に5打差をつけての独走。
73ストロークの2位タイには、鎌田敏雄選手(帯広CC)、奥博選手(阿寒CC)、鈴木肇選手(札幌リージェントGC)
の3名が追走。58位タイ81ストロークまでの75名が決勝進出を決めた。

スタートの様子(ほんの一部です。)

 

1位 藤嶋選手2位タイ 鎌田選手2位タイ 奥選手2位タイ 鈴木選手

1イーグル、2バーディー、68s 1バーディー、2ボギー、73s 3バーディー、4ボギー、73s 2バーディー、3ボギー、73s

大会前


ジュニア育成基金協賛社