ホーム 競技情報 第46回 北海道オープンゴルフ選手権

第46回 北海道オープンゴルフ選手権

09/07 3R

【3日目】(最終日)
この日のベストスコアは、66s。
まず第10組スタートの桧垣豪プロ(新堂島ビル)は、6バーディーの66s、トータル11アンダーとして後続組のホールアウトを待つ。最終組では、崎山プロが№1、№2を連続バーディー発進として首位に立ち、№13でボギーを打ち遠藤プロと並ぶが№16でイーグルを決め、さらに№17、№18ともバーディーを決め、この日66s、トータル15アンダーとして初優勝に輝いた。
佐藤選手は、№2でダブルボギーを打つものの、インに入り4つのバーディーを決め、この日72sのイーブンでトータル10アンダーとし、総合4位でベストア マチュア連覇とすばらしい成績を残した。セカンドアマチュアには、本間大稀選手(日本大学)がトータル3アンダー。サードアマチュアには、成田祐輔選手 (フォレスト旭川CC)と長内雄太良選手(帯広白樺CC)がともに1オーバーと大健闘!


4位でベストアマチュアの佐藤選手と優勝した崎山プロ

本競技の上位5名が2012年10月11日~14日に那覇ゴルフ倶楽部(沖縄県)において開催される2012年度(第77回)日本オープンゴルフ選手権競技の参加資格を獲得した。

2012年度(第77回)日本オープンゴルフ選手権競技の成績は→こちら

09/06 2R

【2日目】
この日のベストスコアは、67s、1イーグル3バーディーの佐藤和夫プロ(㈱徳川)でトータル5アンダーとし、前日24位タイから8位 タイへ、また前日3位タイの遠藤プロが6バーディー1ボギーの67sで、トータル10アンダーとして首位に。前日首位のアマチュアの佐藤選手も3バー ディーの69s、トータル10アンダーで首位をキープ。予選通過は、トータル3オーバー、57位タイまでの61名。アマチュアは、5名が予選を通過した。


2日目も首位キープした佐藤太地選手

09/05 1R

【1日目】
北海道オープンゴルフ選手権競技は、欠場選手枠にウェイティング選手を受け入れアマチュア55名、プロフェッショナル110名(内欠場6名)実質 159名の選手を迎え、9月5日(水)~7日(金)の3日間にわたり、札幌芙蓉カントリー倶楽部(南・中コース)の6,910ヤード、バックティーを舞台 に開幕。

初日首位に立ったのは、アマチュアで高校2年の佐藤太地選手(シェイクスピアCC)。1イーグル(№17でホールインワン)6 バーディー1ボギー、65sの7アンダー。2位には、2打差の5アンダーで本田剛プロ(フリー)、崎山武志プロ(クレイジー)、眞田雅彦プロ(ユタカホー ム)、遠藤彰プロ(新進加工)が続き、1アンダーまでに23名がひしめく大混戦。


初日ベストスコアで首位の佐藤太地選手

大会前


ジュニア育成基金協賛社