ホーム 競技情報 第32回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技

第32回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技

07/27 2R 女子12~14歳の部

【2日目】(最終日)
最終組が1打をめぐる攻防を続ける中、1組前の山田選手が3バーディー5ボギーの74ストロー クでトータル151ストロークとして、見事逆転優勝で金メダルを手にした。続く2位は小祝選手、1バーディー3ボギー2ダブルボギーの78ストロークで トータル153ストローク、田村選手も4バーディー9ボギーの77ストロークでトータル153ストロークで並び2位タイで銀メダルを獲得。

左から、優勝:山田彩歩選手、2位タイ:小祝さくら選手、2位タイ:田村亜矢選手

女子12歳~14歳の部 第2R スタートの様子(写真)は→こちら

本競技の上位2名が2012年8月15日~17日に霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)にて開催される日本ジュニアゴルフ選手権競技の参加資格を得た。

2012年度(第18回)日本ジュニアゴルフ選手権競技女子12歳~14歳の部の成績は→こちら

表彰式の様子(写真)は→こちら

07/27 2R 男子12~14歳の部

【2日目】(最終日)
この日も 片岡選手は、3バーディー3ボギー72sでトータル142sの2アンダーで追随を許さず金メダルに輝き2連覇を達成。続く2位には3バー ディー5ボギー1ダブルボギーの76s、トータル151sで松本選手が銀メダルを獲得。3位には片岡徳幸選手(帯広第一中3年)が3バー ディー9ボギーの78s、トータル154sで銅メダルを獲得。

左から、優勝:片岡尚之選手、2位:松本幹久選手、3位:片岡徳幸選手

男子12歳~14歳の部 第2R スタートの様子(写真)は→こちら

本競技の上位3名が2012年8月15日~17日に霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)にて開催される2012年度(第18回)日本ジュニアゴルフ選手権競技男子12歳~14歳の部の参加資格を得た。

07/27 2R 女子15~17歳の部

【2日目】(最終日)
女子アマ4連覇達成した藤田選手は、前半2バーディー1ボギーの35sで逆転して折り返すものの№15でボギー、№17でダブ ルボギーを叩き、1打及ばず146sの2位。山戸選手は、№9でダブルボギーを叩き、藤田選手にリードを許すものの№16でバーディーを決め首位に並び、 続く№17で1打リードし、最終ホール1打差を守りきり、145sで見事金メダル。2連覇を成し遂げた。

左から、優勝:山戸未夢選手、2位:藤田光里選手、3位:見延若菜選手

女子15歳~17歳の部 第2R スタートの様子(写真)は→こちら

本競技の上位2名が、2012年8月15日~17日に霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)にて開催される2012年度(第18回)日本ジュニアゴルフ選手権競技女子15歳~17歳の部の参加資格を得た。

2012年度(第18回)日本ジュニアゴルフ選手権競技女子15歳~17歳の部の成績は→こちら

表彰式の様子(写真)は→こちら

07/27 2R 男子15~17歳の部

【2日目】(最終日)
最終組、2打のリードでスタートした高根選手は、№2、№3、№4を連続ボギーとし、植竹選手に並ぶ。
1打を競う戦いの中、4バーディー3ボギー71s、トータル142sで植竹選手が見事逆転優勝を成し遂げた。
2位には、2バーディー6ボギーの76s、トータル145sで高根選手、3位には、5バーディー6ボギー1トリプルボギーの76sでトータル147sで佐藤選手が入った。

左から、2位:高根隆佑選手、優勝:植竹勇太選手、3位:佐藤太地選手

男子15歳~17歳の部 第2R スタートの様子(写真)は→こちら

本競技の上位2名が2012年8月15日~17日に霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)にて開催される2012年度(第18回)日本ジュニアゴルフ選手権競技男子15歳~17歳の部の参加資格を得た。

2012年度(第18回)日本ジュニアゴルフ選手権競技男子15歳~17歳の部の成績は→こちら

また2012年10月4日~6日に岐阜関カントリークラブ・西コース(岐阜県)にて開催される2012年度(第67回)国民体育大会ゴルフ競技(少年男子の部)の代表選手には、植竹勇太選手、佐藤太地選手、高根隆佑選手の3名に決定した。

2012年度(第67回)国民体育大会ゴルフ競技(少年男子)の結果は→こちら

07/26 1R 女子12~14歳の部

【1日目】
初 日首位に立ったのは、小祝さくら選手(北広島大曲中2年)、アウト38、イン37、トータル75ストローク。1打差の2位には田村亜矢選手(栗山中3 年)76ストロークで続き、さらに1打差の3位には成澤祐美選手(手稲東中3年)と吉本ここね選手(南が丘中1年)と山田彩歩選手(東月寒中2年)が並ぶ 大混戦となりました。

初日首位の小祝さくら選手(北広島大曲中2年)

07/26 1R 男子12~14歳の部

【1日目】
初日首位に立ったのは、昨年チャンピオンの片岡尚之選手(江別第一中3年)1イーグル1バー ディー1ボギーの70s。2位には、長谷川大晃選手(旭川教育大付属中3年)が3バーディー3ボギー1ダブルボギーの74sで続き、3位に は、1打差の75sで松本幹久選手(山鼻中3年)が続き、上位10位までが70台のスコア。

初日首位の片岡尚之選手(江別第一中3年)

07/26 1R 女子15~17歳の部

【1日目】
初日首位に立ったのは、昨年チャンピオンの山戸未夢選手(札幌光星高2年)、4バーディー1ボギー1ダブルボギーの71s。1打差の2位には、女子アマチュアチャンピオンの藤田光里選手(飛鳥未来高3年)が5バーディー5ボギーの72sで続いた。

初日首位の山戸未夢選手(札幌光星高2年)

07/26 1R 男子15~17歳の部

【1日目】
初日首位に立ったのは、高根隆佑選手(帯広南商業高3年)が1イーグル3バーディー2ボギーの3アンダー69s。2打差の1アンダー71sに佐藤太地選手(札幌光星高2年)と植竹勇太選手(帯広柏葉高2年)が続くハイレベルな戦いの幕開けとなった。

初日首位の高根隆佑選手(帯広南商業高3年)

07/25 1R 女子11歳以下の部

《女子11歳以下の部》
政田夢乃選手(札幌新光小6年)は、4バーディー3ボギー1ダブルボギーの73s、2位に大差をつけて初優勝、輝く 金メダルを手にした。続く2位には、柏原瑞季選手(旭川東川小5年)が1バーディー7ボギーの78sで銀メダル獲得。3位には、内田琴子選手(南幌小4 年)と井内涼樺選手(豊平6年)が80sで並び銅メダルを獲得。


優勝 政田夢乃選手

スタートの様子(写真)は→こちら

本競技の上位2名が2012年8月14日に東名古屋カントリークラブ 東コース(愛知県)にて開催される2012年度(第6回)全国小学生ゴルフ大会の参加資格を得た。

2012年度(第6回)全国小学生ゴルフ大会(女子の部)の成績は→こちら

07/25 1R 男子11歳以下の部

《男子11歳以下の部》
小村優太選手(札幌平岸小6年)が、4バーディー3ボギー1ダブルボギーの73sで見事初優勝、金メダルを手にした。続 く2位には、清水貫太選手(手稲中央小6年)2バーディー6ボギーの76sで銀メダル獲得。3位には、宝泉研輝選手(幌南小4年)が2バーディー6ボギー 1ダブルボギーの78sで銅メダルを獲得。


優勝 小村優太選手

スタートの様子(写真)は→こちら

本競技の上位2名が2012年8月14日に東名古屋カントリークラブ 東コース(愛知県)にて開催される2012年度(第6回)全国小学生ゴルフ大会の参加資格を得た。

2012年度(第6回)全国小学生ゴルフ大会(男子の部)の成績は→こちら

大会前


ジュニア育成基金協賛社