最終日となるこの日、2位に6ストローク差をつけスタートした安本選手は、№3、№6をバーディーとし、OUT34sで折り返し、INに入り№11、№13、№18もバーディーを決め、5バーディーノーボギーと完璧なゴルフで圧勝、見事2連覇を達成しました。

優勝

 

 スコアカード

        2連覇達成 安本大祐選手(チサンCC) 

大会を終え、
「昨年は8打差あったのに、他人のスコアを気にして失敗したので、今回は連覇は気にせず、自分のゴルフができるようにだけ心掛けた。リラックスできた。」と話してくれました。

 4日間のスコア


2位には、本間大稀選手(37/36の73ストローク、トータル+12)が大きく順位を上げる健闘を見せ、3位タイには、福井選手、藤田選手が並び、5位タイに高橋選手、加藤選手、浜中選手、8位には奥選手が続いた。

 本間4  福井4  藤田4  高橋4  加藤4  浜中4  奥4

 2位 本間選手

 3位タイ 福井選手

 3位タイ 藤田選手

 5位タイ 高橋選手

 5位タイ 加藤選手

 5位タイ 浜中選手

 8位 奥選手


以上8名が本年度 北海道地区(クラークカントリークラブ)で7月8日~12日に開催される第93回日本アマチュアゴルフ選手権競技の出場権を獲得した。
         競技成績はこちら →第93回日本アマチュアゴルフ選手権競技成績

また、317ストロークまでの40名が(マッチングスコアカード方式による)北海道オープンゴルフ選手権競技への出場権を獲得。

本年9月11日から大分カントリークラブにて開催される2008年度(第63回)国民体育大会の北海道代表選手は、加藤隆三選手、浜中幸平選手、奥博選手の3選手に決定した。
           競技成績はこちら→第63回国民体育大会 成年男子成績


ジュニア育成基金協賛社