決勝進出を決めた、63名がOUTよりone wayでスタート!! お天気は曇り・風は昨日よりはやや弱まったものの・・・
肌寒さを感じる中での最終ラウンドとなりました。
小学生の藤田 光里選手トータル170ストロークで、見事34位タイで予選を通過、最終ラウンドに臨んだ。
首位を走るのは、昨年度ジュニアチャンピオンの高林由実選手トータル144ストロークと2位に5打差をつけてのスタート。
2位の橋本選手、3位の妻木選手、菊地選手、小林選手が何処まで追いつけるか?・・・多くの人が注目。
スタート間もなく、№2ホールで、妻木選手が長いパットを決め、バーディー。自身のペースをつかんだのか、厳しい状況の中で着実にparを重ね12番ホールで並ぶ。高林選手が14番ホールと16番ホールをボギーとし、15番ホールでは妻木選手がバーディ、最終ホール高林選手がバーディーを決めるが、1ストローク差。妻木亜弓選手は前日のインタビューで「いつも72を目指しているのに・・・・」と意気込みを語っていた。
まさに目標とおり、72ストロークを達成、トータル223ストロークで逆転優勝。2連覇を成し遂げた。

上位10名は、来る6月21日より札幌ゴルフ倶楽部由仁コースで開催される日本女子アマチュア選手権競技に出場。
地元開催であることもあり、是非頑張ってほしい。
国民体育大会、北海道代表選手に選ばれたのは、妻木選手、橋本選手、小林選手の3名。

2位 高林選手
2位
高林 由実選手

優勝 妻木選手

2連覇
妻木 亜弓選手

2位 菊地選手

2位
菊地 絵理香選手



国体選手
北海道代表選手
右より、妻木選手、橋本選手、小林選手


ジュニア育成基金協賛社