この日、選手を迎えたのは、川に向かって吹く風。
お昼には風の強さもピークに達し、選手は風に苦戦を強いられた。 その中で、70台のスコアで纏めたのは上位の4名。
59位タイ、178ストロークまでの64名が決勝進出を決めた。

高林選手(2日目)橋本選手(2日目)
高林 由実 選手(写真左) 
第2日目 1位 
本調子ではないとはいえ、4ボギー2バーディー74s、トータル144sで首位独走。
橋本 香菜 選手(写真右)
第2日目 2位
OUT36sと纏めるも、INを6ボギーの42sとし78sトータル150sで高林選手を追う。

妻木選手(2日目)菊地選手(2日目)
3位タイの
妻木選手 と菊地選手 トータル151ストローク。
この風の中、76、77ストロークでラウンド

明日はもっと頑張りたいとコメントを残し、最後まで練習をしていた二人。


ジュニア育成基金協賛社